*/YOUTUBEの埋め込み軽量化/*

日立 BW-V100Cの口コミ 洗浄力に一目!スリムでおしゃれなボディもおすすめポイント!

2020年4月10日口コミ, 洗濯機日立

日立のBW-V100Cは大流量で洗濯物を洗うナイアガラビート洗浄で洗浄力が期待できるのはもちろん、強化処理ガラスを使ったおしゃれな外観、新たに採用されたスライドフィルターでゴミに触れずに糸くずを捨てられる点などが気になるポイントです。

その性能はいかほどなのでしょうか。実際に使った方の口コミをご紹介します。

ナウいボディが自慢、洗浄力は一目の価値アリ

◇シャンパン色のナウい洗濯機

シャープからの買い替えで購入した、日立の洗濯機。シャンパンゴールドの淡い色調が、大人っぽい雰囲気です。それまでのシロモノ家電に見慣れていた私としては、汚れが目立ちにくくてカッコいいと思いました。

小学生の子どもと夫と暮らしていますが、子どもの汚れた体操着・泥の付いたサッカーのユニフォームも難なく落としてくれます。10キロの容量があるため、夏物なら2日程度の衣類を一気に洗うことができて、とても便利です。

・騒音はどうか?

今まではシャープ製のタテ型洗濯機を使用していましたが「日立の実力って凄いかも?」と本気で思えるくらい、すすぎ時の音はほとんど気になりません。耳を澄ませて聞いてみるとクルクルカタカタと内部の部品が回る音は聞こえますが、よほど神経質なマダムでない限りスルーできてしまうレベル。私はいたって普通の感覚の持ち主ですが、耳障りな音はしませんでした。

ただひとつ難点を上げるなら、脱水のときに多少なりとも揺れ&音が出るということ。一戸建てのお宅なら深夜使っても問題のないレベルですが、マンションやアパートの集合住宅にお住まいの方には、やめておいた方が良い感じです。ただ脱水の時間は5分と短いため、1階で角部屋に住んでいる、防音性の高い部屋に住んでいる方は問題ない範囲だと思います。

・使いやすさやお手入れのしやすさは?

洗濯機は毎日使う家電のため、使いやすさとお手入れのしやすさも重要です。日立のタテ型洗濯機は、どれもシャープなシルエットに作られています。私が利用している洗濯機の横幅は60センチ以下、約57センチです。洗濯機置き場に置いても、かなりゆとりがある感じのため脱衣所が広く使えてよいです。

また液晶画面がフタの手前に付いているので、手元で確認しながら洗剤の量を調整できます。最近心なし老眼が進んできたので、アラフォー主婦としては「近くに画面がある」というのは嬉しい限りです。ちなみに液晶画面の下には操作ボタンがあり、手の短い私でも楽にボタンを押せます。

そして気になる「毎日のお手入れ」についてですが、洗濯機の内部に付いているフィルターをカポっと開け、中に入っているゴミを捨てるだけで良いので…ずぼらな私にも楽勝でおこなえます。メーカー側は毎日捨てることを義務づけているようですが、仕事と家事に忙しい私にとって毎日は無理な話。週1回くらい「気になったとき」にフィルターを取って、中の糸くずをゴミ箱にポイしている感じです。個人的にはフィルターのサイズがやや小さいのが、あまり気に入らないです。しっかりゴミはすくい取ってくれているのですが…。

・衣類の汚れは、ズバリ落ちる?

洗濯機を購入するときに気になるのが「どのくらい洗浄力があるのか」というポイントです。こちらの洗濯機にはナイアガラ洗浄という機能が付いています。文字通りナイアガラの滝のように、水がたっぷり流れて汚れをかき出してくれます。

ちなみにケチャップやウスターソースなどの色の濃い汚れは、ナイアガラ洗浄では落ちませんでした。ただしワイシャツの黄ばみや、襟の黒い汚れは確実に落としてくれます。今までクリーニング店にお願いしていた旦那のシャツが一気にキレイに片付いてくれるので、私としては「洗浄力」には満足しています。

・水量さえ気にしなければ、優秀な洗濯機

日立の洗濯機は初めて使いましたが、使用する水の量さえ気にしなければ、おすすめしたい洗濯機です。タテ型洗濯機の致命傷かもしれませんが、やはりドラム式と比べると水道代はかかります。ウチの家庭では1,500円くらいはアップしたような…。

「自動お掃除機能」というたる洗浄の機能が付いていますが、1回に10Lくらいのお水を使ってしまうため節水を心掛けている方は、やめておいた方がいいかもしれません。

ただ見た目はオシャレで「人に見せても自慢できる、最新洗濯機」であることはたしか。迷っている方は、一度使ってみることをおすすめします。

神奈川県 とくちゃん

洗浄力はやっぱり優秀

騒音に関しては洗い32dB、脱水38dBと数字の上ではかなり静か、脱水時の振動対策を行えばもしかしたら夜に動かしても大丈夫かも?

ナイアガラビート洗浄ではケチャップの汚れはさすがに落ちないみたいですがワイシャツの黄ばみや黒ずみを落としてくれるということで洗浄力に期待してよさそうですね。

本体の横幅は57cm(ホースを含むと60.8cm)なのでスリム。設置可能な防水パンサイズも530mm以上と少しコンパクトになっています。メーカーもこの点をウリにしているみたいです。

水量に関しては標準使用水量が前モデルのBW-V100Bの104Lから1L減って103Lと気持ち節水になっているようです。他のメーカーの10kgモデルと比べると・・・

  • パナソニック NA-FA100H6・・・104L
  • 東芝 ZABOON AW-10SD7・・・119L
  • シャープ ES-GV10C   ・・・102L

なので日立の洗濯機が特別水を多く使うわけではなさそうです。