*/YOUTUBEの埋め込み軽量化/*

電子レンジとオーブンレンジどっちがいい?両者の違い・一人暮らし向けモデルは?生活スタイルでおすすめを提案

オーブンレンジ, オーブンレンジコラムアイリスオーヤマ, ゼピール, 山善

電子レンジにはレンジ機能のみの単機能タイプとオーブンの機能も備えたオーブンレンジがあります。

単機能レンジは1万円弱、安いものだと6000~7000円で買えるものもあり、価格が安いのに対してオーブンレンジは安い物でも1万1000円ぐらいの価格です(上を見れば高い物は10万円ぐらいします)。

機能面で考えれば断然オーブンレンジなのですが、価格差からどちらを買うのか迷う人もいると思うので、どちらを買うべきか両者の特徴や使う人の生活スタイルを元に考えてみましょう。

電子レンジとオーブンレンジの違い

価格の違いはさきほど書きましたが、価格以外で何が違うのかというと調理方法の違いがあります。レンジとオーブンなので当たり前っちゃ当たり前ですが。

レンジは温める

電子レンジはマイクロ波を当てることで食品内部の水を振動させ温める構造です。振動させて温めるという仕組みから、食品の外側に焦げ目がついたりといったことはありませんが内部から均一に急速加熱することができるのが特徴です。

温めることが基本になるので

  • 弁当を温める
  • 飲み物を温める
  • レンジ調理可能な冷凍食品を作る
  • 冷凍肉などを解凍する

といった用途が主になるでしょう。

オーブンは焼く

オーブンは庫内に設けられたヒーターで加熱をして調理を行います。グラタンなどのオーブン料理をはじめ。お菓子づくり、パン作りにも使うことができるので料理の幅が圧倒的に広がります。

また、グリル機能も備えており、グリルでは直火による焼き上げができるので焦げ目をつける料理に活用できます。

電子レンジで使えるもの・オーブンレンジで使えるもの

食品を入れる容器や包んだりする素材ですが、それぞれで使えるもの使えないものがあるので注意しなくてはなりません。「そんなの当たり前だよ」と思う部分も多いかもしれませんが、改めて振り返ってみます。

レンジ・オーブン両方で使えるもの

  • 耐熱のガラス容器
  • 磁気の器

これらは熱に強いですし両方で使うことができます。ただし、高価な陶磁器や色絵・金銀の装飾が施されたものは使わないほうがいいでしょう。

詳細については興味深い記事をみつけましたのでこちらのサイトをご覧ください。

参考:大切な陶磁器に電子レンジは使わないでください

レンジで使えてオーブンで使えないもの

  • 耐熱温度140℃以上のプラスチック容器
  • 電子レンジ対応と記載されたプラスチック製品
  • 耐熱温度140℃のサランラップ

プラスチック製品の場合は容器の裏面に耐熱温度が記載されていることが多いです。一応確認しておきましょう。また油分を多く含んだ食品を温める場合は、食品の温度が耐熱温度を越えてしまうことがあるので注意が必要です。

ちなみにプラスチック容器にポリスチレン(PS)とポリプロピレン(PP)があり、ポイプロピレンのほうが耐熱温度が高いのでレンジ対応製品はポリプロピレンが採用されているでしょう。

オーブンは200℃前後の高温で加熱するのでプラスチック製品やサランラップは使用できません。

オーブンで使えてレンジで使えないもの

  • 金属製の串や容器
  • アルミホイル

これらは高温になるオーブンでも耐えることができます。

逆に電子レンジだと金属がマイクロ波を反射してしまってレンジにダメージを与えたり、発火して家事の危険性があります。

両方で使えないもの

  • ガラス容器
  • 漆器
  • 竹製品・木製品・紙
  • 高温に弱いもの全般

レンジにしろオーブンにしろ100℃以上になるので高温に弱い物は当然使えません。大丈夫だと思われるものでも装飾を施したものや大切な容器などは使わないほうが良いでしょう。

1人暮らし向け低価格のオーブンレンジで何ができるか調べてみよう

レンジでいろいろやりたい料理好きの人は間違いなくオーブンレンジを選んでいろんな料理を作ると思います。

でも「電子レンジとオーブンレンジどっちがいいんだろう?」と迷っている人は、料理の頻度は高くないけど「オーブンがあったほうが何かと便利ないんじゃない?」という考えだと思います。

そこで単機能レンジの予算に数千円足したら買える1人暮らし向けオーブンレンジでは、パン焼きやお菓子作り以外にどんなことができるのかチェックしてみることにしました!

実際にいくつか機種をピックアップしてみます。

YAMAZEN YRC-161V

オーブンレンジなのに1万円ちょっとで買える圧倒的低価格です。ただまあ安いので当然オートメニューも少ないです。

トーストボタンが付いていてトーストが焼けますが、特徴的なのはこれぐらいです。オーブン機能を使ったオートメニューは他にはありません。

ゼピール DO-M1617

すみません。こういう記事書いてて初めて見たメーカーです。こちらも1万円ちょっとで買える格安のオーブンレンジ。

こちらもトーストボタンがあってトーストが焼けます。フライ加熱ボタンがあって開け物をあたためることができるのですが、この時にレンジとオーブンを併用していると思われます。

アイリスオーヤマ MO-T1501

アイリスオーヤマのオーブンレンジも安いです。こちらも1万円ちょっと!アイリスオーヤマが家電に参集したのはわりと最近のことですが、もともと知名度のあるメーカーさんなので安心という人も多いかもしれません。

やはりこちらもトーストに対応しています。

オーブンは40℃に設定することができパンの発酵に使えたりと、これまで紹介した2機種よりも使いが手が良い印象です。

トーストボタン、フライボタンともに付いていてトーストと揚げ物の温めを自動で行ってくれます。ただし、こちらもこれ以外にオーブンを使うオートメニューは無いようです。

揚げ物の温めとトーストがポイントか

ということで料理の頻度が低い人が予算を数千円プラスしてオーブン機能付きレンジを購入するメリットとしては、たまのお菓子づくりのほかに

  • トーストが焼ける
  • 揚げ物を温めた時の仕上がりがよくなる

といった点が挙げられそうです。

「トーストが焼ければオーブントースターを買わなくて良いんだ!」と思うかもしれませんがこのクラスのオーブンレンジで焼くならオーブントースターのほうが美味しく焼き上がりますし、オーブンレンジはトーストにかかる時間が長いのでオーブンでトーストを焼くデメリットもけっこうあったりします。キッチンスペースの関係でオーブントースターと電子レンジ両方は置けないという人向けです。

揚げ物はレンジとヒーターを併用するのでレンジだけのときよりもカラっと仕上がるでしょうね。お惣菜の唐揚げを買ってきたときなんかにおすすめです。

料理好きの人はオーブンレンジを買うのが自然な流れですが、どっちにしようか迷っている人はこの2点がポイントだと思います。

ということで状況に応じてこんな感じの組み合わせが個人的おすすめです。

  • パンとかお菓子とか作る・・・オーブンレンジ
  • キッチンにスペースが無い・・・オーブンレンジ
  • パンとかお菓子は作らないけどトースト食べたりお惣菜あっためたりする・・・単機能レンジ+トースター
  • 弁当のあたためと冷凍食品の調理しかしない・・・単機能レンジ

単機能レンジ+オーブントースターという選択肢

料理はそんなにしないけどトーストを焼いたりお惣菜を買ってきたりする人は単機能レンジ+オーブントースターという組み合わせを提案します。単機能レンジとトースター両方買っても安い物なら1万円ちょっとで済むのでオーブンレンジと同じぐらいです。

設置場所の問題がありますが、トーストは早く美味しく焼き上がるしお惣菜のあたためにも使えるということでスペースが許せばこの選択肢もありなんじゃないでしょうか。

オーブントースターも上を見ればキリがありませんが、安い物なら3000円台で購入ができます。