/*カエレバにau PAYマーケットのリンクを追加*/ */YOUTUBEの埋め込み軽量化/*

賃貸で使える工事不要モニターホン・アイホンWL-11のレビュー

ニッチ家電レビュー

今回のレビューはアイホンのWL-11。電池式のテレビドアホンで配線工事をすることなく設置することができます。

配線工事が不要なので原状回復も簡単にでき、

「賃貸物件に住んでいるんだけどモニターホンが無くて来訪者の確認ができない」

そんな人に役立つアイテムです。

こうしたモニターホンって大手のパナソニックからも発売されていますが、価格面ではアイホンのほうが安くお手頃なので今回はアイホンの方を使ってみることにしました。

外箱

デザインはよくあるドアホンといった感じですが、スタイリッシュで悪くありません。

内容品

玄関子機・本体・バッテリー・充電器とスタンド・説明書が入っています。

玄関子機

玄関子機はシンプルに見えますが、マイク、カメラ、夜間照明用LED、スピーカー、呼び出しボタンとけっこう機能が豊富です。

訪問者を映像で確認するだけでなく、通話もできるのが良いですね。

玄関子機裏面

玄関子機は取り付け台と分離することができます。

取り付け台を壁面に取り付け、そこの玄関子機をセットしネジで固定するようになっています。

ちょうどカメラの裏側にあたる部分にはレバーがあり、カメラの角度を調節できますが、正面から上向きに0~19°の調節ができるだけで左右には調節できません。

電池カバーを外したところ

電源は単三電池6本。

パッケージには電池長持ち最長2年なんて書かれていますが、容量2500mAh以上のニッケル水素電池を使わなければならないようです。説明書には他の電池を使用する場合電池寿命が短くなるとの記載がありました。

というわけで今回は容量2500mAhのエネループプロ4本入りを2パック購入してのレビューとなりました。

親機

親機にはモニターの他にマイクが付いており来訪者と通話をすることも可能です。

親機の電池

こちらは付属のニッケル水素電池の電池パックをセットする仕様。

充電台にアダプターを取り付け、親機をセットすると充電ができます。

充電台の裏面

ネジが付属し、壁掛けにすることも可能です。

ただし、親機が充電台から外れやすい気がします。現在は充電台を置いて使用しているのですが、ちょっと手が当たったひょうしにすぐに親機が外れて倒れてしまいます。

高いところに置いたり、壁掛けにする際は何か外れにくい工夫が必要かもしれません。

ちなみに充電台に置かずに呼び出しを受けられる時間は最大18時間なので、基本は充電台に置いて使うことになります。

磁石で取り付けてみる

取り付けに関してはネジ穴を開けて取り付けられれば良いのですが、うちの玄関壁はコンクリートだし、賃貸物件だしということで磁石を使って取り付けてみることにしました。

強力な磁石をテープで玄関子機に固定。

鉄製の玄関ドアに貼り付けます。本当はもう少し左の壁に貼り付けたいのですが今回はとりあえずこちらで。

強力タイプの磁石にしたのでドアの開け閉めで落ちたりすることはありません。

きちんと映るの?

録画された映像

一番気になるのはきちんと映るかということですよね。

画質はモニターホンにしては思いのほか良好でこれは「○○運輸さんだな」とかすぐにわかります。顔がくっきりと映るわけではありませんが、人が判別できるレベルです。

夜間でも問題無し。

コマ送りですが呼び出しボタンを押した際の映像が記録に残りますので不在時に誰が来たかも確認することができます。確認時のメニューが「次」しかなく「戻る」が無いので押し過ぎた際はまたはじめからやり直しなのが若干めんどくさいですが。

ドアに貼り付けたことでやや問題が

ただ、ドアに貼り付けたことで、訪問者の顔が見切れてしまうことがちょくちょくあります。

みんなドアが開いたときにぶつからないように、ドアの正面じゃなくてちょっとズレたところに立つんですよね。そのせいで顔が半分しか映っていないことがちょくちょく。

壁に穴を開けて固定するのは難しいにしても強力両面テープとかで壁に固定した方がいいのかなと思う次第。

通話も特に問題なし

親機は玄関から3~4mほど離れた居室に置いていますが、映像が映らなかったり通話ができなかったりということはありません。

賃貸ならお手軽でアリ

設置場所と設置方法に関しては少し考えなくてはなりませんが、

  • 工事なしで使える
  • パナソニックよりも安い
  • きちんと通話もできる

といった点で見どころのある商品だと思います。

スポンサーリンク