*/YOUTUBEの埋め込み軽量化/*

白物家電の買い時・安い時期!家電製品の値下げ時期や交渉テクは?

その他情報

「新生活で家電を用意しなければならない」「電子レンジが壊れてしまった」なんて時はすぐに電子レンジを購入する必要がありますが、そうでなかったら安い時に買いたいですよね。

同じ買うならお得に買いたいものです。じゃあ安い時期っていつなんでしょうか。

今回は一般的に言われていることから、管理人が調べてきた情報までいろんな観点から電子レンジの買い時を考えてみたいと思います。

一般的に安いと言われている時期

一般的に安いと言われているのは家電量販店のセール時です。

決算時期である3月や9月、ボーナス商戦の7月や12月が安くなる時期と言われています。この時期は家電量販店も売り上げを伸ばしたいので価格が安くなるケースが多いようです。

家電量販点で値段交渉しやすい日・値切りやすい日

家電量販点で交渉して買いたいという人もいるでしょう。そういった場合は店舗の売り上げ目標達成に追われている日を狙ってみるといいかもしれません。

具体的には目標が高く設定されていると思われる休日、そして先程も挙げたようなボーナス商戦や決算時期です。お店にもよるので絶対この日とは言い切れませんが、こうした日は店員さんが売り上げを達成しようと値引きも頑張ってくれるかもしれません。

駆け込み需要がある場合は注意しよう

注意したいのは駆け込み需要がある時期、例えば2019年10月に増税がありましたが、9月の駆け込み需要を見越して2か月前ぐらいから家電の値段が値上がり傾向でした。全ての製品がそうとはいいませんが、こうした需要が見込まれる際は価格が上乗せされている可能性があるので2~3か月前に購入しておいたほうがお得です。

また、PAYPAYの20%還元セールなんかもありましたよね。この際もポイント還元を狙って購入者が増えるだろうと予測していたのか価格を高めに設定しているお店がありました。

需要が増える時期はやはり価格も上がりがちなので注意しておきたいポイントです。

値引き交渉のテクなど

万能ではありませんがいくつか巷で言われている値引き交渉のテクを書いておきます。

価格の高いものを買う

もともと2~3万円のものを値切ろうとしてもほとんど安くなりません。6~10万ぐらいのフラッグシップモデルを購入するときに交渉テクを活用してみましょう。

家電激戦区で買う

新宿や池袋など家電量販店が立ち並ぶエリアでは他の店で価格を聞いてそれを伝えると対抗価格でそれよりも安い値段を提示してくれることがあります。

店員さんを選ぶ・売る気はどのぐらいあるのか

店員さんによって頑張ってくれたりそうでなかったりということがあるようです。

値引き交渉をしても、すぐに断る店員さんもいれば、こちらがきちんと購入の意思を示すと頑張って上司と値引きの交渉をしてくれる店員さんも。

しっかり挨拶をしているかや、質問をしたときにしっかりと答えてくれたかなど、店員さんの雰囲気をみて売る気のありそうな店員さんに交渉してみましょう。

今日買う意思を見せる

こちら側もきちんと買う気を見せなければ店員さんも頑張ってくれません。

「価格に納得できれば今日決めたいと思ってるんですけど」などと言ってきちんと購入の意思を示すことも大切です。

今日購入してくれそうだと思ったら店員さんも頑張ってくれるかも。

ネットの最安値を見せるという方法もあるけど

ネットの最安値を見せて交渉するという方法もあります。

しかし、以前私が交渉したときはネットショップの価格にはちょっと対応できないんで・・・と言われました。

同じネット価格でも大手家電量販店の価格は考慮してもらえますが、損益ギリギリのところで販売しているネットショップにまではなかなか対抗できないようです。

逆にネット最安値と価格差が2,3000円と小さかったり、現金値引きではなくポイント付与などで交渉すればネットの最安値よりも安く買えたりすることもあるかもしれません。

複数商品を購入する

他の家電も購入する予定であるならば一緒に買うことで値引き交渉ができるでしょう。

1つの家電である程度安くしてもらったら「実は○○も買いたいと思ってるんですけど」などと言ってさらに安くしてもらうという手がありますが、売り場によって担当スタッフが違うこともあるので始めに言ってから交渉していくのがいいかもしれません。

ポイントや消耗品などを付けてもらう

これ以上価格を安くするのが無理な場合でも、ポイントでいくらかサービスしてもらうことや、何か売れ残っている小物や消耗品を付けてもらえることも。

「保証はどうなってるんでしたっけ?」と聞いて保証にかかる料金分を本体から引いてもらえないか交渉するのもありかもしれません。

人と人とのやり取りなので心証も大事

店員さんも人なので、こんな客に売りたくないなあなんて思わせたらおしまいです。

押してみることも大事ですが、「売ってもらう」という意識を持って店員さんと接しましょう。

モデルチェンジの時期が安い

値切り交渉の話が長くなってしまいましたが、ネットで購入するとなるとモデルチェンジの時期が安いです。

ときおり2~3年販売されている商品もありますが、メインの30Lや26Lの電子レンジはだいたい1年ごとに新モデルが登場します。この新モデル登場の頃は旧モデルが安くなっており底値に近い価格で購入できる可能性が高いです。

「型落ちかよー」

と思うかもしれませんがメーカーが「フルモデルチェンジ!!」などと言っていない限りは1年でそんなに変化することはありません。メニュー数がちょっと増えたり、1つ機能が追加されたりとか「1~2万も違うのにそれぐらいかあ」と思うこともけっこうあります。

そんなわけで型落ちを買ってもたいして影響が無いことのほうが圧倒的に多いので安く買いたいならモデルチェンジの時期がおすすめです。

お目当ての製品が決まっているなら発売日を確認し、発売から12か月前後で購入すると安く買えるでしょう。ただし、あんまり待ちすぎると在庫が無くなってしまうのである程度のところで見切りをつけて購入しなければなりません。

新型が欲しいなら3~4ヶ月待とう

「どうしても新機能が使いたくて・・・」

という人は3~4ヶ月待つとお得です。新モデル発売直後は正直言ってかなり高いです。それが3ヶ月するとかなり値下がりします。ほとんどの家電は発売後2~3ヶ月ほどが値下がり幅が大きいのでこの期間に買うのはあんまりお得感がありません。

「発売直後じゃなきゃやだー!!」

という人は止めはしませんが、しばらく経つと価格がかなり下がるでしょう。

まとめ

ということで今回のまとめです。

  • 家電量販店なら3月や9月の決算期・夏や年末のボーナス商戦が安いかも
  • 値段交渉は激戦区で
  • 交渉の際は相手も人であることを忘れずに
  • 発売直後は高いのでモデルチェンジの時期がおすすめ
  • 新モデルが欲しいなら発売3~4か月後

ってところでしょうか。